3月 20

豊洲移転調査特別委員会副委員長  二日目 百条委員会の証人喚問  平成29年3月18日

18日の調査特別委員会では、東京ガスとの土地購入交渉を進めていた都の担当責任者、当時の市場長ら4人を喚問致しました。東ガス側の追加汚染対策費としての瑕疵担保責任を都が免じた背景・経緯や交渉を急ぐ理由など、更には、汚染対策の対象範囲は限定され、結果的には追加の汚染対策は、都が引き継ぐ必要性が認識されていたことなど、これまで漠然としていた事由が明らかになって来ました。19日には、用地取得のキーマン、浜渦元副知事が、20日には、石原元知事が証人席に就きます。

クリックで拡大

クリックで拡大

Permanent link to this article: http://www.a-koiso.com/main/?p=1931

3月 16

平成28年度 東京医療学院大学卒業式・学位授与式  平成29年3月13日

特殊技術を身に着けられ巣立っていかれる卒業生一人ひとりは、現代社会が求める特別な存在です。なぜなら、高齢化のスピードが加速し、深刻化している社会現象は、日本の医療保健福祉の人材、すなわち皆さんのようなエキスパートをますます必要としているからです。どうぞ日々の努力の甲斐あって特殊能力と精神力を身につけられた卒業生の皆様は、まずは、多摩地域社会の保健・医療のリーダーとして大いにご活躍ください!「人の役に立つ素晴らしさ」を実感しながら、周囲の熱い期待に応えて下さい!

クリックで拡大

クリックで拡大

Permanent link to this article: http://www.a-koiso.com/main/?p=1928

3月 15

鶴川街道(多摩3・4・15号線)東長沼坂浜線の事業着手  現況幅員7mが20mに拡幅整備、歩道、自転車道も。安全な生活道路へ変貌。

近隣住民の要請を受け、かねがねこいそ明が取組んで参りました本件歩車道分離整備の事業は、一昨年6月と12月の百村地区での説明会等を経て、今年1月25日には、国交省から都市計画事業の認可を都が取得し(稲城市百村から坂浜までの延長620mの区間)、いよいよここで事業がスタート致しました。本路線の整備により交通の円滑化が図れると共に、歩道及び自転車走行空間も整備され、歩行者や自転車の安全性・快適性が向上。緊急輸送道路としても機能強化され、地域の防災性も強化。

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

クリックで拡大

Permanent link to this article: http://www.a-koiso.com/main/?p=1922

3月 14

豊洲移転調査特別委員会副委員長として百条委員会の証人喚問に立つ  平成29年3月11日

築地市場から豊洲への移転問題を調査する都議会の百条委員会は、11日午後から各証人への質疑が4日間の予定でスタートしました。こいそ明は、副委員長としてトップバッターで喚問致しました。初日は最初に東京ガスとの交渉に当たった福永元副知事と、担当局のトップであった大矢元中央市場長並びに東京ガス側の経営陣9名が証人として喚問を受けました。先ずは、移転決定までの経緯を明らかにして参ります。

クリックで拡大

クリックで拡大

Permanent link to this article: http://www.a-koiso.com/main/?p=1919

3月 11

2017年 こいそ明早春の集い 平成29年3月10日

稲城市と多摩市の皆様を始め、国会議員、地方議員、企業・団体・職員など多くの方々にご来駕賜り、盛大に開催できました。会場では、数々の力強い激励や温かいご声援を頂き、同時に多くの方々と親睦を深めることができました。心から感謝申し上げます。地域の皆様が矢張りこの地に住んで良かった、と実感できるような生活環境や福祉力のある街づくり、未来に誇れる街づくりに全力で取り組みます。次世代への素敵な贈り物にするためにも。

クリックで拡大

クリックで拡大

Permanent link to this article: http://www.a-koiso.com/main/?p=1916

2月 24

多摩ニュータウン再生プロジェクトシンポジウム(第4回)平成29年2月21日

初期入居から40数年を経て、お住いの方々の高齢化、建物の老朽化、商店街の衰退化など大きな波が押し寄せておりますので「再生・再構築への手当」は焦眉の急です。こいそ明は、「東京都長期ビジョン」への提言をはじめとし、一歩一歩着実に政策形成に向けた活動を、地元の皆様と一丸となって取り組んでおります。魅力ある素晴らしい街へと再生させ、子孫への贈り物にしようではありませんか!

クリックで拡大

クリックで拡大

Permanent link to this article: http://www.a-koiso.com/main/?p=1912

2月 18

多摩市自衛隊入隊予定者激励会  平成29年2月14日

我が国を取り巻く安全保障環境は、益々と厳しさを増しています。東シナ海尖閣海域での中国の海洋制覇的で刺激的な行動、歴史を創作する韓国の竹島実効支配や蝕まれた対馬、進展遠のく北方四島返還、北朝鮮核ミサイルなどの脅威、と圧力に対して、我国は峻厳な態度で臨まなければなりません。一方、評価されつつある国連平和維持活動での貢献、更には、災害時における被災者に寄り添っての献身的救護活動など、隊員の役割は極めて重く、過酷で厳しい任務を帯びた職業です。どうか広く国民に愛され、日本と国際社会の平和に貢献し、そして家族を守るために、勇気とプライドをもって士気を養って下さい。私も都議会防衛議員連盟の会長として、皆さんが貢献し易い環境創りに尽力して参ります。

クリックで拡大

クリックで拡大

Permanent link to this article: http://www.a-koiso.com/main/?p=1909

古い記事へ «